WEB作成支援サイト・WEBを作るための基礎。インターネットとは?

TOP > WEBの基礎
そもそも、インターネットって?・・・☆
最近では気軽に、知りたい情報を捜すことが出来るインターネット。インターネットがなくなったら困ってしまう人も少なくないはず(私もそうだし。。)
お店を探すときも、そこに行く電車を調べることも簡単。欲しい本や、CD、DVDだって、すぐ調べられるし、クレジットカードで買うことだって出来る。

それでも、そんなインターネットが出来た理由は、やっぱり(と思うよねぇ)軍事目的だったらしい。
データを、ひとつのコンピューターに入れておいても、それを壊されたら困るでしょ?
それで、データを共有することを考えたらしいの。しかも、電話回線とかを使って、回線さえあれば、どこからでもそのデータを見ることが出来る。

それがインターネットの始まりなんだって。
おや?そんな、みんながデータを見ることが出来たら、個人情報とか・・って思うよね。
最近では、SSLとか、対策がどんどん出来ているんだけど・・
それはいつか・・気が向いたら書くことにします。(^・^)
具体的にどうなっているの?・・・☆
おそらく、聞いたことがあるでしょう。
『プロバイダ』とか、『サーバ』とか、『アップロード』とか、『FTP』とか・・
こういう単語って困るよねぇ・・・

『プロバイダ』 は 会社
『サーバ』  は データを記録する場所。作ったWEBを保存する場所。
『アップロード』 は、データ(作ったWEB)を保存する作業のこと。
『FTP』 は、アップロードするときに使うソフト

で なんとなくわかるかな?時間が出来たら図を描きます・・

まず、インターネットをしたい!ホームページが見たい!と思ったら、
  • 電話回線とか、ADSL回線・光回線
  • パソコン(細かく言うと、これに電話回線や、ADSLにつなぐLANをつなぐことが出来るパソコン)

を用意するでしょ?でも、それだけじゃ、インターネットに接続できない=ホームページを見られない。
だから、
  • プロバイダに契約をする(プロバイダについては下で細かく説明してます)

のだ。つまり会社。インターネットに接続するための会社。

それで、作ったWEBをみんなに見てもらうために保存する場所が『サーバ』
ちょっと知識があれば、『自宅サーバ』も作れなくもないかもしれないけど、プロバイダと契約すれば、ほとんどの場合、サーバを無料で使えるから、そこに保存したほうがいい。

『自宅サーバ』だと、自分のパソコンの電源を切っていると、他の人が自分のホームページを見ることが出来ないからさ。

〜〜わかるかなぁ?この仕組み・・
プロバイダについて・・・☆
本当にたくさんのプロバイダ会社があります。
サービス・・接続できるように、家まで来てくれたり、電話で24時間対応してくれたり、メールアドレスをもらえたり、サーバを使えたり(それがまた、容量が違ったりする)
スピード・・ADSL対応なのか、光ブロードバンド対応なのか、何人まで、同時に接続できるのか(その人数が多いほど、遅くなったり、最悪接続できなかったりする)

などなど、選ぶ基準はたくさんあります。
比較サイトなんかもあるので、検索してみては??
web作成ソフトについて・・・☆
たくさんありますよねぇ〜(^^ゞ
私が今まで使ったソフトは、
  • FRONTPAGE
  • IBM ホームページビルダー
  • GO LIVE
  • DREAMWEAVER

ですかね。今は、DREAMWEAVER MXと、GOLIVE6を使っています。
初めての方は、ホームページビルダーがわかりやすいと思います・・
でも、出来ることに限界が来て、私は、タグ(html)で作ってました。htmlについてもまとめてますので、見てみてください。
アマゾンでお勧めソフト買えますよ
とりあえず・・・☆
なんとなく、わかっていただけましたか??また、時間があるときに追加していきますので、問合せフォームから、質問など受け付けています(なるべく返信してますが、すぐに返信が欲しいときは、掲示板にお願いします)
お勧めの本・・・☆
Copyright 2004-2005 hicage.com, All rights reserved.